当診療所からのメッセージ

浅間冬.jpg

 今は「病気」は治すだけでなく、予防から治療、そして治療後の生活までトータルな人生の一部として考えなければなりません 。そのため、東御市立みまき温泉診療所では、血圧やコレステロール、糖尿病の管理などとともに、ガンや心臓病、認知症などの早期発見、介護予防のために、健康に関する運動や栄養の指導などを行っています。

 専門性の異なる複数医師による診療体制を整えることにより、様々な臓器による「総合診療」として患者様の「健康」をサポートしています 。さらに高度な検査や専門医によるアドバイスを受けるために、東御市民病院、小諸厚生総合病院、佐久総合病院、軽井沢病院、国保依田窪病院などの周辺医療機関と連携して、最先端の医療を提供できるよう努めております。

 病気の治療が落ち着き、在宅での安心した生活を希望される患者様には、診療所スタッフである医師や看護師、理学療法士と「ケアポートみまき」施設内にある訪問看護ステーションやケアマネージメント 、デイサービス、ヘルパーステーション、特別養護老人ホームなどの福祉スタッフとが連携して、患者様の希望や環境などを考慮しながら全人的な「人としての健康的な生活」を目指しています。

 さらに、自立した生活を損なう運動器疾患や転倒を予防するために、「身体教育医学研究所(しんたい)」と協力して住民の方々の健脚度測定(身体機能)や健康運動指導をサポートし、特に 、膝や腰に問題のある方に対しては、整形外科医師による適切な評価をした後、東御市の資産である温泉施設を最大限に利用して、高齢者でも安心して行える運動を提供していきます 。温水中での運動は関節の動きを良くするばかりでなく、浮力による関節への負担が少なく、水の抵抗を利用して筋力増強運動が無理なく楽しく行えます。

 また、食欲不振の患者様が亜鉛を投与することにより健康になった経験から、北御牧村1,431名、東御市1,773名、長野県下七国保診療所851名の 住民の皆様のご協力を得て、全国で初めて、高齢者の20~30%に亜鉛不足が存在することを明らかにしました。こういった地域に根ざした研究を推進するこ とにより、健康で医療費も少ない東御市を全国的にアピールしていきます。さらに、寝たきりの原因である骨粗鬆症や変形性膝関節症の実態調査やその結果を東 御市の人々に還元して、さらなる医療レベルの底上げを目標にしています。

 診察室の窓からは雄大な浅間山から湯の丸高原までの大パノラマをご覧にいただけますので、是非とも一度ご相談にお越し下さい。

東御市民病院のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ