思いやり

2020.11/03

診療所、市民病院のスタッフ、市の職員さんなど周りのみなさんはいつも思いやりの心を持って私と接し、仕事をしてくれています。この思いやりは日々増している気がして、私の活力源になっています。思いやりは人を元気にしてくれます。

ところで、他人の不安は、自分の不安より小さく見えます。不安は氷山と同じで、海面下にも大きな不安が存在しますが、他人から見えているのは海面上のわずかな部分のみです。自分の不安は他人からは小さくみられ、また反対に他人の不安は小さくみえています。そのため、同じ境遇であれば必ず自分の方が大変で、不安も大きく、不公平に感じてしまいます。ことを理解し、お互いに海面下の不安を察して行動することが「思いやり」ではないでしょうか。

新型コロナウイルスはみんなを不安にさせていますが、感染した人はもっと不安になっているはずです。感染症は感染した人をせめても何も解決しません。その事を理解していないと、自分の不安が増すばかりです。周りに感染者が出たときに、怒りや不安の感情より先に「感染者が重症化しないといいな」と思えるようにしたいものです。

東御市民病院のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ