長びく咳は、マイコプラズマ感染に注意しましょう!

2013.12/10

昨年度、一昨年度とマイコプラズマ肺炎が多くなっています。

この肺炎の特徴は、夜間に咳が続くことがあります。流行を反映して、今年8月よりマイコプラズマ肺炎に関しても、インフルエンザと同様、外来で簡単に判定できるようになりました。

当診療所においても、迅速に検査結果を確認して、適切な薬剤を選択できるように心がけていますので、長びく咳の方は一度、ご相談ください。

東御市民病院のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ