診療科・部門紹介

子どもの目の病気

視力の発育と弱視

視力は生後に発育し、幼児期には完成する

生れたばかりの赤ちゃんの眼球構造は、大きさが少し小さい以外、ほぼ成人と同じ程度に完成しています。しかし視力はまだ、非常にわずかです。網膜から脳へ信号を伝えて映像にする仕組みが育っていないからです。その仕組みは、実際に物を見て網膜から脳の神経に刺激が加わることで成長します。

視力の発育するスピードは、生後間もない時期ほど急速です。具体的には、生れたばかりのときの視力は0.01ぐらいで、1年後には0.1前後に育ちます。その後はゆるやかに発育し、4~5歳で1.0となり、だいたい完成します。

乳幼児の視力の発育段階に、なにかの理由で網膜にはっきりと像が写らず刺激が加わらなかった場合、視力が育ちません。そのあとから視力が育ち始めても、遅れを取り戻して1.0の視力が完成するのではなく、遅れた分は失われたまま追いつけないことが多いのです。その結果、弱視になってしまいます。

弱視の種類

弱視には大きく分けて「医学的弱視」と「社会的弱視」の二つの意味があります。

医学的弱視とは、網膜や脳の神経には障害がないのに、視力の成長期において、角膜から網膜の前までに何らかの異常があって網膜にはっきりした像写らず、成長が妨げられて、よい視力が得られないことです。

社会的弱視とは、原因が何であれ、視力が0.04~0.3(両眼での矯正視力)に低下していたり、視野が極端に狭くなっている状態をいいます。

弱視の原因、「斜視」について

左右の両眼はつねに連動して動き、物を見るときはそこに両眼の視線が向いて、まっすぐになります。これがうまくできず、左右の眼の視線が一致しないことを斜視といいます。

斜視では片方の眼で物を見てしまうので、使われないもう片方の眼の視力が育たず、弱視になります。

斜視の種類と症状

片方の眼が内側に向いてしまう場合を内斜視、外側に向いてしまう場合を外斜視といい、これに上下方向の視線のずれが加わっていることもあります。ぼんやりしていると現れ、しっかり物を見ていると消失するケースもあります。

斜視の原因

両眼の視線を合わせようとする脳の機能が悪い場合と、眼球を動かす筋肉に原因がある場合、遠視の影響で強い屈折調節が必要なために内斜視になる場合*1があります。

また、片方の眼がよく見えない場合、その眼は物を見ようとしないので視線を合わせる必要がなくなるため*2、勝手な方向を向いて、斜視になることもあります。

なお、まだ小さくて鼻が低いと、内側のまぶたが眼にかぶさっているために、一見、斜視のように見えることがあります。これは仮性斜視(偽斜視)といって、治療の必要はありません。

*1 幼児期はだれでも遠視の状態です。近くを見るときは,だれでも水晶体を厚くする必要がありますが,それに伴い両眼が内側に寄る現象が起こります。遠視が強いとこの現象も強くなります。
*2 物が二重に見えたりするのを防ぐための仕組みで、医学的には「抑制」といいます。

斜視の治療

眼球を動かす筋肉の位置を手術でつけかえたり、筋肉の強さを調節して治療します。遠視による内斜視は、メガネで遠視を矯正すれば治ります。

弱視につながるそのほかの原因

屈折異常

中等度以上の遠視や強度の近視・乱視があると、物がはっきり見えないので、網膜から脳へ情報を伝える経路が育ちにくく、弱視になります。メガネなどによる矯正が大切です。

不同視

メガネの度(屈折)が左右で極端に異なることを不同視といい、度の強いほうの眼は使われず、弱視になります。しっかり矯正して、両眼を使うようにします。必要におおじて良い方の眼をかくして、弱いほうの眼だけで見させることもします。

形態覚の遮断

なにかしらの理由で、網膜の前に邪魔な物があって、網膜に映像が映らないことを"形態覚の遮断"といい、やはり弱視の原因となります。角膜の濁りや白内障、眼瞼下垂(まぶたがきちんと開かない)などのほか、眼帯の使用もこれに該当します。

弱視の予防と治療

早期発見

視力は1.0歳前後まで伸びる可能性がありますが、1~3歳以前の伸びに比べると、それ以降の伸びはごくわずかです。弱視を防ぐためになによりも大切なことは、弱視につながる原因をできる限り早く見つけ、取り除くことです。斜視であれば手術治療、屈折異常や不同視なら屈折矯正、形態覚遮断ならその原因の除去・治療を早めに行い、弱視になるのを防ぎます。

見にくくても弱視眼を無理して使う

弱視の眼や弱視になりそうな眼は、そのままでは抑制がかかり、使われずにますます弱視が進みます。これを防ぐために、よく見えるほうの眼を1日数時間遮蔽し、弱視眼を強制的に使うようにします。弱視がある程度改善したあとは、物をいつも両眼見るようにするための訓練を行います。

乳幼児への眼帯は要注意!

子どもにものもらいができたときなど、「治るまでしっかり眼帯をさせておかないと」と考えてしまうのが親心。でもこれはよくありません。眼帯は形態覚を完全に遮断しますから、視力の発育過程にある乳幼児の場合、短時間でも弱視を引き起こすことがあります。重度の外傷の治療などの不可欠な場合を除き、乳幼児に安易に眼帯をさせてはいけません。

子どもの目の異常を見つけるには・・・

次のようなことは、眼がよく見えていないことを表す、子どものサインかもしれません。気づいたら早めに眼科医にみてもらってください。

  • しぐさ...
    • 物を見るとき、片方または両方の目を細める、首を傾ける、顔を近づける。
    • 片方の眼を隠すと途端に嫌がる(よく見えるほうの眼が隠された場合の(嫌悪反射)
  • 目の外観からわかる異常...
    • 両眼が寄っているか、別の方向を向いている。
    • 眼球が震えている。
    • 眼の大きさが左右で異なる。
    • 眼の表面や中が濁っているように見える。
  • 動作など...
    • 反応が鈍い。疲れやすそう、あきっぽい。

視力の発育

月齢・年齢 視力
生後数週間 明暗を感じるだけ。
1か月

目の前の動くものがぼんやりと見えだす。

3か月 視力0.01~0.02
目の前の動くものがはっきりと見えだす。
4か月

視力0.02~0.05
お母さんの顔がはっきり見えるようになる。

6か月 視力0.04~0.08
この頃より3歳ころまでの間に急成長する。
1歳 視力0.2~0.25
窓から遠くのものを見るようになる。
2歳 視力0.5~0.6
遠くのものと近くのものが区別できる。
3歳 視力1.0以上の子供が67%になる。
4歳 視力1.0以上の子供が71%になる。
5歳 視力1.0以上の子供が83%になる。
6歳 ほとんどの子供がほぼ大人なみの1.0~1.2の視力に成長する。

長野県東御市立 みまき温泉診療所のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ

上小メディカルネットのホームページへ

▶ Google翻訳について