診療科・部門紹介

看護部長の言葉

看護部長ごあいさつ

 当院は長野県の東部にあり、北は浅間連山、南には八ヶ岳連峰の山並みを眺める自然豊かな環境に位置しています。一病棟60床の混合病棟は、地域包括ケア病棟の機能を持ち合わせています。

 地域包括ケア病棟では、市民のいのちとくらしを支える役割を担っています。急性期の治療を終えた患者さんが一日も早く住み慣れた場所や生活に戻ることができるよう、リハビリテーションスタッフや退院支援スタッフが、地域で在宅を支えている多職種の方々と連携を図りながら患者さんをサポートしています。

 さらに、地域に密着したプライマリケアを目指す病院として、医療と暮らしを切り離すことなく、様々な場面で患者さんやご家族の気持ちに寄り添う看護を提供しています。
常に目の前にいる患者さんの最善を目指すチーム医療を行い、地域の皆さんに頼りにしていただける、そんな働き甲斐のある職場をめざします。

 私たちは、子育て中のスタッフから孫の成長が楽しみなスタッフ、加えてとても頼もしい看護補助者集団、そんな幅広い年齢層が協力し合い看護をしています。

看護部長 新納郁子

看護部理念

 専門職として豊かな人間性を身につけ、地域の人々に信頼され満足して頂けるあたたかい看護をします。

行動指針

  1. 患者さんのためにその人らしく生きることを支援します
     医療と生活を切り離すことなく全人的にアセスメントし、変化を予測した適切なケアを実施します。そして様々な場面で患者さんやご家族の気持ちに寄り添う優しい看護を提供します。
  2. 私達のために互いに尊敬し協力して医療を行います
     私たちは地域医療に携わるプロとして能力を発揮し、患者さんの最善を目指したチーム医療を進めます。そして互いに切磋琢磨し自己研鑽を積みながら自律し、働き甲斐のある職場をつくります。
  3. 社会のために地域を支える多職種と連携します
     看護職はあらゆる場所でその力を必要とされ、組織を超えて多職種間で協働する場面が増えています。私たちは市民の健康を守るため地域を支える多職種と連携しその力を発揮できるよう尽力します。

看護部教育理念

 豊かな人間性と高い倫理観を持ち、真の自律を身につけた職業人を育成する

目的

対象の生命・人格・人権そして心を尊重することを判断・行動の基本にできる看護職員を育成する

目標

  1. 対象を全人的な視点でとらえ支援することができる看護職員を育成する
  2. 専門職として必要な判断力と実践能力を持つ看護職員を育成する
  3. 対象の最善に向けた医療提供のために、多職種と連携・協働できる看護職員を育成する
  4. ともに教え、ともに学び、主体的に研鑽できる看護職員を育成する

看護の概要

201904_kangobu.jpg

  • 施設基準 13:1
  • 2交替制勤務
     日勤8:30~17:15
     夜勤16:30~翌日9:00 16時間勤務(休憩時間2時間)
  • 看護職員数 70名(うち看護補助者15名)
  • 看護職員平均年齢 43歳
  • 在職年数 9.4年
  • 夜勤回数 3~5回/月
  • 認定看護師 認知症認定看護師1名

長野県東御市立 みまき温泉診療所のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ

上小メディカルネットのホームページへ

▶ Google翻訳について