肩こりは危険信号?(3)-肩の痛み[肩腱板損傷]

(2)肩の痛み[肩関節周囲炎]  (4)肩こり

肩腱板損傷かたけんばんそんしょう

  • ちょっと重傷な疾患で、上腕骨と肩峰の間に肩腱板が挟まれ損傷して、ひどい場合には穴が開いた状態となっている。
    特に棘上筋腱が損傷しやすい
  • 肩を上げる時に痛みが生じるが、上まで上げてしまうと痛みが軽くなる
  • ブドウ園などで肩を上げて作業している人に多い

son1a.gif
繰り返し上腕を上げていると

クリックしてon/off 1枚目 yaji02.png 2枚目 yaji02.png 3枚目

図1.肩の動きと腱板の損傷

※肩腱板とは
肩甲骨と上腕骨をつなぐ4つの筋肉棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋)の腱の総称。これらの筋肉の腱部分が集まり、肩関節全体を包み込み、板状に見えるため、腱板と呼んでいる。

肩の筋肉-右肩背面肩の筋肉-右肩前面肩の骨格-肩峰部分(肩甲骨の一部)肩の骨格の名称

図2:肩腱板を構成する筋肉と骨(左図:右肩後ろから見た図 / 右図:右肩正面から見た図)
(筋肉・骨の図はマウスのドラッグで移動可能)

診断・検査

  • 診察
    肩が挙上できるか、挙上時に肩峰の下で軋轢音あつれきおんがあるかなど ※1
  • MRI検査の画像 ※2
    腱板の断裂部が白く映る(切れた隙間の所に水がたまり、そこが白く映る)

※1 肩挙上試験かたきょじょうしけん
肩挙上試験-1 肩挙上試験-2
※2 MRI検査の画像(棘上筋腱完全断裂の断面画像)
棘上筋(黄色い点線部分)腱がAの位置で断裂し、棘上筋がBの位置まで引っ張られている状態。隙間になったA↔B間(点滅している部分)に水がたまり、そこがMRI画像では白く映っている。
棘上筋腱完全断裂

治療

  • ヒアルロン酸の関節注射 ※3
    ヒアルロン酸は関節の中で、潤滑油やクッションの役割をはたしている。減少したヒアルロン酸を関節注射により直接補充することで、痛みや炎症を抑える効果が期待できる。
  • インナーマッスル訓練 ※4
  • 手術で断裂部分を縫合する

運動等に関しては、医師の診察を受けた上で、医師または理学療法士の指示により、適切に行ってください。

※3 ヒアルロン酸注射
 
※4 腱板訓練
両腕を外に広げる筋肉を鍛える
ヒアルロン酸の注射 腱板訓練

東御市民病院のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ