肩こりは危険信号?(1)

肩が痛いって、本当はどこですか

kata02-1.png肩が痛いといっても、痛む部分によって原因や対処方法が違います。まずは、どの場所が痛いのか、しっかり自覚することが大切です。

主に考えられる箇所は3つです。

・肩関節部分の痛み(肩峰下関節あるいは肩関節)
・鎖骨部分の痛み(肩鎖関節)
・肩(首の付け根)部分のこりによる痛み(背中側の筋肉)

肩部分の骨と関節 肩こりに関する筋肉(背中側)

図1:肩部分の骨と関節
←上層側 | 下層側→
図2:肩こりに関する筋肉(背中側)

その痛み、肩の痛み?首の痛み?

まずは、肩の部分が痛いのか、首の部分が痛いのか考えてみましょう。

肩の痛みの特徴

  • 肩を動かすと、痛みが出る
  • 痛くて背中に手が回らない
  • 夜寝ていて、痛みで起きてしまう

首の痛みの特徴

  • 首を動かすと痛みが出る
  • 上を向くと痛みが出る
  • 手や肩甲骨に痛みが走ることがある

東御市民病院のホームページへ

東御市立 助産所とうみのホームページへ